副理事長所信

 副理事長 矢 作  雅 之

担  当 アカデミー委員会・会員拡大推進会議

 佐久青年会議所が設立以来、「明るい豊かな社会の実現」のため、この地域をより良くしたいという先輩諸兄の53年の長きに渡る熱い情熱と弛まぬ努力によって、青年会議所運動が継続され、地域に変化をもたらしてきました。しかし、時代と共に地域を良くしようと考える他団体が増え、青年会議所がある時代から青年会議所もある時代になっていますが、地域に変化をもたらすことができる団体であるため青年会議所は現在も必要な団体と考えております。他団体のリーダーには、青年会議所を卒業された先輩諸兄が多くいらっしゃいます。先輩達も初めから高い志とリーダーシップを備えていたとは限りません。青年会議所の活動を通じて、様々な経験をされ、リーダーとして成長されてきたからこそ、卒業してもなお、リーダーとして地域に必要とされているのです。青年会議所は単年度で役職が変わり、その都度違う役職を担うことでリーダーとしての成長の機会を提供する団体です。様々な役職を担うためにも1年目に青年会議所のノウハウをしっかりと学び、アカデミー委員会、青年会議所が教育していくことで地域のオピニオンリーダーに育てていく必要があります。青年会議所活動を行っていく上で、苦労や困難などがありますが、それを共に乗り越えていくことでやがて未来を共に創っていく仲間となり、一生涯の友となっていくのです。

また、会員拡大はこれからも地域にリーダーを増やすために仲間を増やすことが必要です。成功しているLOMは全体で意識を変革させ、同じ目的達成の為に協力し合い、決して拡大の委員会だけが活動しているのではなく、LOM全員で行っています。成功しているLOMの手法を学び、使用し、毎年コンスタントに新入会員が入会するようなシステムを構築し、継続的に会員拡大を行って欲しいと思います。身近な人から声掛けを行いながら、青年会議所の魅力を伝えていけば自ずと仲間は増えていくと思います。

私自身も担当副理事長として佐々木委員長、細川議長と共に邁進してまいります。

一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

副理事長所信

副理事長    土  屋    充

担  当  青少年育成委員会

 

佐久青年会議所は設立以来53年間「地域社会をより明るいより豊かな社会」にするために、さまざまな事業、運動に取り組んでまいりました。その大きなテーマのひとつに青少年育成があります。青年会議所が目指す健全な青少年の育成という目標は変わらずとも、地域に住み暮らす子供たちの未来に向けてのプロセスは大きく変わっている現状があると私は考えます。

昨今の子供たちの置かれている家庭環境は半世紀前とは大きく変わっております。現在日本の世帯数の中での3世代家族世帯数は一貫して減少しており、1986年には15.3%だったものが2016年には5.3%と減少し、その後も減少傾向にあります。また、保護者の働く環境も変わっており、共働きの家庭も倍増し、子供が放課後家に一人でいる時間が増えていることが文部科学省のデータからも見て取れます。

今は便利な時代になりました。携帯電話ひとつで子供がどこにいるかわかりますし、実家の祖父、祖母にテレビ電話も出来ます。しかしそのような時代でもやはり大切なのは人と人とが直接触れ合うコミュニケーションであり、そのコミュニケーションが不足している現代だからこそ、非認知能力の低下などの大きな問題が生じているように感じます。この問題を解決するためには新しい青少年育成運動を展開していく必要があります。子供たちの非認知能力の向上のために目標を明確に定め、その目標を達成するためのプロセスを構築し、実行していかなければなりません。楽しい事業、運動を行うことも大切ですが、そこから何を子供たちの心に残していけるか、また残った何かが子供たちの未来をどのように変えることが出来るのか。このテーマを愚直に実行していければ結果を残せる事業、運動が展開できると考えます。またこの目標を達成するためには周りを取り巻く環境(保護者)も大きく変革していかなければなりません。子供たちだけでなく保護者に対しても同様のアプローチをすることにより子供たちの非認知能力の向上という目的は達成されると考えます。

本年度、土屋渚委員長には佐久地域に住み暮らす今後の佐久地域の未来を作っていく子供たち、その子供たちを最も近い距離で育成していく保護者の非認知能力の向上を目的とした委員会運営を行っていただきます。高い目的達成のため委員会メンバーと共に挑戦してまいります。一年間宜しくお願いいたします。

副理事長所信

副理事長  竹  内   渉

             担  当  夢さく創造委員会

 

佐久青年会議所は54年間に佐久地域をより良くするため様々な事業を行ってきました。事業の内容も時代の変化によって変わり、常に何が必要なのかを議論し、その時に求められている事業を青年会議所一丸となって行い、成功を重ねてきました。SAKU BLOOMイルミネーションが終わりを迎える中で、私たちは先輩達から受け継いだ知識で佐久地域に求められている事業を行わなければいけません。

現在、佐久地域では様々な団体が市民のために活動をしています。そのような中で青年会議所に対する地域の認知や認識が薄れているのを感じます。今後青年会議所がオピニオンリーダーとして地域に求められる事業を発信していくためには、「誰のために」「何のために」を他団体と協力して考え発信していく必要があると考えます。それには青年会議所や長野県でも推進しているSDGsを活用し、青年会議所がリーダーシップを取って地域、市民、行政を巻き込み、「佐久地域のために」という共通認識をもって参画し、進めて行かなければなりません。そして、今起ころうとしている変化を敏感に察知し、積極的な情報収集を心がけ、冷静な判断と、的確な行動が重要です。

新規事業の担当委員長である寺嶋委員長には様々な視点から情報収集を行い、求められている事は何なのか、必要としている人はいるのかを他団体と協力しながら、真剣に議論し、地域により良い変化を与えられるような事業に挑戦していただきたいと思います。

担当の副理事長としてスタッフと一緒に新しい事業に挑戦していく所存です。一年間よろしくお願いいたします。

専務理事所信

専務理事  星 野  仁

             担  当  事  務  局

 

佐久青年会議所は、「明日の明るい豊かな佐久平」を実現するために、献血運動から始まり、千曲川浄化運動や、佐久っ子道場など、多くの運動と事業を実施することで、佐久地域の正しい発展へ向けて積極的に取り組んできました。そして、これからは将来の「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、日本青年会議所も先進的に取り組む、SDGsを基盤として、佐久地域から世界へ視野を広げて、様々な課題へ積極的に取り組むことが求められています。持続可能な社会を実現するためには、目先にある問題をただ解決しようと取り組むだけではなく、問題の根源を見据えて、地域の将来性を考慮した運動を展開していくことが必要です。多様性を増している現代社会において、すべての人が先を見据えた行動をとるためには、率先して活動する地域のリーダーがより重要な役割を果たします。佐久青年会議所に所属するメンバーの一人一人は、自覚を持ちながら変化を起こそうと積極的に挑戦を続けることによって、地域を良い方向へ促しつつ、問題の解決へ向けて先へ進むための力強い原動力となります。そして、組織として「何のために」、「誰のために」という具体的な目的を明確に維持しつつ、仲間と共に支えあい、協力し、団結しながら前に進むことによって、本年度理事長が掲げるスローガンのように、必ず自分と地域により良い変化が起こせるはずです。

事務局は、佐久青年会議所の歴史と共に引き継がれている良い伝統と、習慣を守り、地域へ波及力のある組織として運営をしていくための、重要な役割を担っています。そして、共に活動をする仲間が、順調な時も、憂える時も、積極的に挑戦できるように支える準備を整え、思いやりの心をもって行動をすることが大切です。本年度事務局は、佐久青年会議所が常に将来を見据えた組織として成長ができるように、「何のために」、「誰のために」という考えを巡らせながら、市川事務局長を先頭として、現状にあるものの中から最善の判断を下し、即座に行動をおこすことが求められます。時には、明確な答えのない課題に対しても果敢に取り組み、事務局メンバーが一丸となってLOMの事業と、活動、及び運動を支え、守っていきます。

本年度も、積極的に地域の諸団体と連携を続け、青年会議所の魅力をより発信し続けることが出来るように、常に自己研鑽に励み、努力を惜しまず、積極的に行動してまいります。一年間、よろしくお願いいたします。

監事所信

 監  事   勝 見   隆

内 藤 正 邦

 

監事の職務として、理事の職務の執行を監査する業務監査と、法人の財産の状況を監査することです。

理事の職務執行が、定款及び諸規定と照らし合わせ適法に行われているか、また、理事長が示した指針に基づいて職務が行われているかを、中間及び最終監査にて報告いたします。財政面においては、事務局員と密に情報を共有し監査いたします。

佐久青年会議所運動が地域にとってより良い変化を与えられるよう、組織全体を俯瞰しつつ、方向性を見失うことがないよう支援することで、佐久地域に必要不可欠な団体であり続ける一助を担わせて頂きます。